離乳食で農薬、添加物、放射能汚染された野菜は大丈夫?

dc44f9186f8c0bbbea641b927e646c20_s

離乳食でもしも農薬や添加物、放射性汚染された野菜を食べると子供にはどのような影響が出てしまうのでしょうか?
日本の基準はヨーロッパよりもかなり甘いのですが、そんな野菜を食べるとどうなってしまうかをご紹介しましょう。

農薬や添加物、放射性汚染の心配がある野菜を離乳食使っていいのか?

69d4ed3fc529fb01cadca473cda0cc6b_s

ヨーロッパでは、日本よりはるかに様々な食品基準が厳しく、例えば農薬などは日本の15分の1しか使いませんし、放射性汚染された野菜にも厳しいですよ。
ちなみに農薬の使用量も日本は世界第2位でヨーロッパでは使えない農薬や添加物も日本ではOKというものがたくさんあります。

日本では、放射性汚染が100ベクレルまでは良いとされていますが、ヨーロッパでは4ベクレル以上だと出荷できない国もあるのです。

つまり、日本の子供は、ヨーロッパの子供の約25倍の放射性汚染された野菜も食べている可能性があるという事になりますよ。
日本では、東日本大震災以来放射性汚染された可能性が高い野菜を食べる恐れがあるため、他の国よりもより野菜に慎重にならなくてはいけません

子供に与える離乳食は、特に注意が必要ですよ。
成長過程の子供に農薬や添加物、放射性汚染の可能性がある野菜を食べさせると子供に悪影響が出るのは目に見えているからです。

体の不調や様々な障害などが子供の頃から見られるケースも多いので、農薬や添加物、放射性汚染の可能性がある野菜には注意が必要なのでしょう。
放射性汚染の原因と言われるセシウムは消滅までに300年はかかると言われていますから私達が生きている間は消えないという事なのですね。

つまり、それだけ放射性汚染にも農薬や添加物にも敏感になることが子供を内部被ばくから守る方法となります。
しかし、スーパーでは普通に農薬や添加物、放射性汚染された野菜が販売されている為、どれを食べればいいのか判らないという人も多いでしょう。

農薬や添加物、放射性汚染をしっかり調べてある野菜も無いわけではないのでそういう野菜を選ぶことが安全の第一歩になりますね。

農薬や添加物、放射性汚染の心配がある野菜を食べた子供の影響とは

055191688b4215f639c67417d32230b8_s

農薬や添加物、放射性汚染の心配がある野菜を食べた子供はどのような影響が考えられるのでしょうか。
今、叫ばれているのがこのような野菜を食べた子供にアトピー性皮膚炎が多いという事なのですね。

2002年には、28万人だったアトピー性皮膚の患者が2014年には45万人以上になっているでしょう。
つまり、約10年程で20万人以上のアトピー性皮膚患者が増えているという計算になってしまいます。

少なからずこのアトピーは、農薬や添加物、放射性汚染が関係しているのではという人も多いと言われてます。
アトピーだけではなく、赤ちゃんのうちからこのような野菜を食べさせると発達障害や学習障害、白血病や甲状腺がんのような病気にもかかりやすいでしょう。

農薬や添加物、放射性汚染の野菜を食べていた子供には不妊症や精子の異常が見られる場合もありますので注意しましょう。
アルツハイマーや認知症になる確率も農薬や添加物、放射性汚染されていない野菜を食べている子供と比べると高くなるとも言われているんです。

赤ちゃんの離乳食から農薬や添加物、放射性汚染の野菜を食べさせていると野菜嫌いになる子が多いでしょう。
農薬などに赤ちゃんは敏感に反応するため、食べさせても吐いたり出したりして食べたがらなくなるんですよ。

これは、子供の防衛本能なので、そういう事が多いならば、使用している野菜が本当に安全な野菜なのか確かめてみる必要があるかもしれませんね。
特に添加物などがたくさん入っている野菜は、味が濃かったり美味しかったりするので子供は食べたがりますが、健康には良くないと言われることがほとんどなんです。

特に加工食品などには農薬や添加物、放射性汚染された野菜が使われていることも多く、このような物を毎日食べているような子供は味覚障害が出ることも珍しくありません
味が判らないのでファストフードや外食を好み、更に健康を害する危険性も高くなるでしょう。

笑顔で離乳食を食べる場面が見たいなら…

a22a719965995227cb9199df88678d3a_s

というわけで、ぜひ無農薬・無添加・放射能検査済みの野菜を食べさせてあげてほしいのですが…。
もしかすると、家の近くのスーパーなどでは、売っていないかもしれません。

そんな場合にはぜひ、生活クラブという“赤ちゃんがいる家庭専用の、食材宅配サービス”を利用してみてはいかがでしょう?
この生活クラブ、小さなお子さんを持つママに、かなり人気があるんですよね(‘-‘*)

というのも、生活クラブは

  • 無農薬・減農薬はもちろん、国より厳しい放射能検査・添加物検査を行っている
  • 小さなお子さんがいる家庭だけの、お得なサービスが色々ある
  • 家を留守にしていても、また居留守しても、発泡スチロールに野菜を入れて玄関に置いておいてもらえる
  • 野菜や食材以外にも、離乳食やオモチャも取り扱っている
  • スマホ・パソコンで簡単に注文できる
  • お米屋牛乳のように重いもの、ペーパー類のように軽いけどかさばるものも、家まで届けてくれて楽ちん

という特徴があるからです。

色々なものを取り扱っているので、「生活が楽になった!」「子育てストレスが減った!」との声が非常に多いです。

http://ameblo.jp/eririn-hmnote/entry-12170723796.html

http://ameblo.jp/eririn-hmnote/entry-12170723796.html

きっとお子さんがもう少し大きくなったときに、周りのママの子供の悩み…例えば「野菜嫌い」「コンビニ食ばっかり好む」などを聞いて、(あの時ちゃんと、本来の味を教えてあげてよかったなぁ…)と思うはずですから(‘-‘*)

資料請求はもちろん無料なので、以下の公式サイトに目を通してみてください。

安心食材お届け生活クラブ

シェアする

フォローする